まるでカーテンと見間違えるような薄さのブラインド!

室内のブラインドの質感にこだわろう

ブラインドは、直射日光を避けるうえで、とても利用価値の高いインテリアの一つとして人気があります。中でも、カーテンのように様々なデザインを選べることはもちろん、使い方を簡単に覚えられるという利点があります。最近では、薄いブラインドの購入を希望する人が増えており、品ぞろえの豊富なホームセンターやインテリアショップなどを利用することで、各家庭の需要に合ったものを探すことが可能です。とりわけ、定期的にブラインドの設置場所を変えたり、クリーニングに出したりするうえで、できるだけ薄い素材が用いられている商品を選ぶことが有効です。なお、ブラインドの展示販売が行われている店舗を探すことで、希望の条件に合うものを直にチェックすることが有効です。

ブラインドのサイズの選び方にこだわろう

ブラインドは、様々なサイズの商品が市場に出回っていますが、適切なものを選ぶにあたり、家具店の有資格者からのアドバイスを受けることが有効です。また、色々な掴道を選ぶことのできるブラインドは、各メーカーの看板商品として扱われることもあり、今や通販サイトなどで気軽に注文をすることが可能です。ブラインドのサイズを決めるにあたり、窓の枠の長さを測定することはもちろん、日光を完全にシャットアウトできるような配置を考えることがポイントです。なお、ブラインドの素材の中には、一般的な化学繊維の他、アルミやステンレスなど、耐久性の強い金属製のものもあり、特に室内のイメージにぴったりと合うものを探すことがコツです。

閉じた際には壁のような重厚感があるので、ウッドシャッターはプライバシー性が高いのが魅力です。他の素材より耐久性が高く、高級感が演出されるのも利点です。